脱毛とレモングラスの関係

最近巷の脱毛でレモングラスを使用することで脱毛の進行を抑えることが出来ます。脱毛の大きな原因にアロマが直結すると思う人は少ないのですが、実は大きな関係があります。今回は脱毛とレモングラスの関係に関して紹介します。

香りでどうして脱毛が可能なのか?

香りで脱毛が可能な理由って意外かもしれませんが、実は簡単なことなのです。脱毛というと毛が抜けるイメージになりますが、アロマを使用することによって、毛を生える進行速度や毛を太くしないようにするのは可能なのです。それは、ホルモンが大きな関係を持っています。実は男性ホルモンは、毛を濃くしている原因になります。男性ホルモンが多く分泌されると、体毛が濃くなる原因なのです。つまり、毛を薄くしたいのであれば、男性ホルモンの分量を減らして、女性ホルモンの量が増えれば、必然的に毛の成長が遅くなります。そのため、香りによって女性ホルモンを脳下垂体より分泌させる信号を増やすといった事を行うだけでも、毛が生える速度や太さを抑えることができるのです。ホルモンの良いところは、毛が生える場所関係なく作用することが出来ます。しかし、毛が生えている特定の場所を減らすといったことには向いていないのが特徴になります。こうした工夫を行うだけで、脱毛ができるのであれば、ぜひ取り入れたいところです。では、次項目から、向く香りとその使用方法に関して詳細に解説を行っていきます。

脱毛に向いている香り~レモングラス~

脱毛に向いている香りで有名なのは、レモングラスになります。脱毛効果に関係する香りの成分はシトラールと呼ばれる香りの成分になります。シトラスの原因の香りになっていますが、色んなアロマがある中で、一番シトラールの香りの成分が多いのがレモングラスです。シトラールの香りの効能は、抗菌作用、炎症の鎮静作用、抗ヒスタミン作用といった免疫系に関わる弱った部分の代謝を強める効果があります。しかし、シトラールの意外な作用に男性ホルモンの抑制作用があります。この男性ホルモンの抑制の作用によって、脱毛効果が高いというわけなのです。他に含まれている植物として、レモングラスと同様にレモンの香りで有名なハーブのメリッサ、レモンバーベナ-、オレンジやレモンにも含まれていますが、植物のハーブのほうが成分が多いのが特徴になります。レモングラスはこのシトラールの香りの成分が高いことと、速効性があることが花粉症やアレルギー疾患での使用で知られているので、脱毛を早くしたい、毛を薄くしたい方は優先的にレモングラスを使用するのが一番良いといえます。

<シトラールの入っているハーブの有効方法>

脱毛に役立つハーブを使用するにあたって脱毛に一番適した方法とは一体何なのか?それは、マッサージオイルや保湿に使用するのが一番です。脱毛した後の人間の肌は乾燥と言った問題に晒されます。この乾燥を防ぐには、油分が大切です。油分があることで肌の中にある水分を外に出てしまうといった問題を解消することが出来ます。加えて、女性ホルモンの分泌を増やすオイルを使用することで、毛が生える状態を防ぐことができるのです。次に、おすすめしたいのは、香りを蒸気で嗅ぐことができるハーブティーです。ハーブティーを使用することによって、香りの有効成分が、脳の中枢に届くようになるので、ホルモンの分泌を女性ホルモンよりにしてくれるからです。

まとめ

脱毛を香りで行うことは可能で、ホルモンの分泌を整えることによって、毛を濃くしたり薄くしたりするのが可能だからです。シトラールはその男性ホルモンの分泌を少なくする効果があるので、脱毛には非常に適しています。オイルやハーブティーで脱毛の良い状態を維持することが可能なのです。