顔の産毛とカミソリ脱毛のポイント

9

女性の方でも多くの人が、顔の脱毛はカミソリで行っている方が多いと思います。ですが、顔の産毛は目立つ部分ですので、少しの間違いで傷が出来てしまったり、赤みが出来てしまうといった事があります。

顔に出来た赤みを引かせて、かつ綺麗な肌を手に入れたいものです。今回は、顔の産毛のカミソリ脱毛のポイントを紹介します。

顔の産毛の処理に注意すべき体質かどうか事前に知っておく

自分の肌の質を知っておくのが大きなポイントになります。カミソリ負けをする人というのは基本的に肌の質が決まっているのです。

まずは敏感肌です。

こちらの方は、刺激に対して肌が弱っているのが特徴なので、一番カミソリでの脱毛を注意すべき人間になります。故に、知っておいて欲しいのが、顔の産毛を剃る前に首の部分の目立たないところで、カミソリの刃との相性を調べるのは大切なことになります。

首の根元は目立たない上に、顔と同じ肌の細胞の強さになるので、格好のテストポイントになります。もし、その部分を剃ってみて、カミソリ負けをするのであれば、刃を新しくするか、もしくはカミソリのメーカーを変えるといった対策が必要になります。

また、毛の分量が多い、太い人は、刃の劣化が激しいのですが、刃を変えるのが面倒に感じてしまい、細胞に傷をつけてしまうといった事を引き起こすケースが多いのが現状です。こうした問題を解消するのが大切なポイントになります。

ですから、普通の人よりも多めにカミソリは準備しておくのが基本です。最後に、肌が白い人は血管が透けやすいので目立ちやすくなります。

そのため、注意深くカミソリを使用するのがポイントです。

カミソリで肌が赤くなった時に対処法~直後~

鏡で見て自分の肌が赤くなった、肌が熱っぽいと感じた場合は、基本的に冷やすのが鉄則です。肌を冷やすことで、どうして赤みが引くのか?

その理由を説明します。

赤みが引く理由は基本的に、肌の表面に走っている血管が大きな関係を持っています。肌にある血管に傷がついてしまうと、その部分から血液が出ます。同時に血管を塞ぐ物質も出るのですが、その物質は肌荒れのアトピーの原因になる物質を分泌させます。

血液の流れを塞ぐには必要なものですが、分泌量に個人差があるため、過剰に分泌される場合は、アレルギーと同じような炎症反応を引き起こします。

この状態を血流を抑えるために、血管を冷やすことで径を狭くして、血流と同時に炎症を抑えることができるので、冷やすということは効果的なのです。カミソリや場合によっては、石鹸で肌荒れが起こった場合は患部を洗い流し、冷やすというのが大きな基本になります。

カミソリで肌が赤くなった時の対処法~その後

カミソリで肌が赤くなった時、顔の時にやってしまいがちなのは、化粧水をその地点に使用したりすることです。

特に、女性は化粧水やクリームといったスキンケア、また化粧をする必要があるのですが、肌が弱っている地点にこうした物を使用するのはあまりお勧めできないのが大きな問題になります。

重要なのは、化粧水はその地点に塗らないで、軟膏を塗るのが基本です。炎症を引き起こしているので、その肌の部分を保護する物を使用するのは当然のことなのです。こうしたルールを守るのが大切なことになります。

まとめ

カミソリの顔の脱毛は、頻繁に行われているが、目立つ顔のカミソリ脱毛には注意が必要です。

顔の赤みは一番避けるべきなので、自分の肌質が赤みの原因になる肌質か調べること、カミソリ負けをした場合は、直後は患部を冷やす、その後に、軟膏を塗って化粧品を使用しないのが大きなポイントになります。

大切な肌を守って、綺麗な顔面脱毛を目指す参考になれば幸いです。