毛抜き脱毛の注意点

毛抜き脱毛は手軽にピンポイントで、いらない毛を抜くことができるので、やっている人も多いのですが、トラブルが多いのが欠点な人がいます。長所もありその部分の最大限のメリットを活かしつつ、毛抜き脱毛の注意点を紹介します。

毛抜き脱毛の長所

毛抜き脱毛の長所ですが、最初に確実にその部分の毛を抜くことができるので、2~3ヶ月は毛が生えてこないことです。生えている毛の毛根を含めて、毛抜きで抜いてしまうので、生えてくる率は非常に少ないのが基本になります。また、毛抜きで抜く場合は、太い毛も産毛も関係なく挟むことが出来れば、抜くことができるので、色んな毛質に対しても対応できるのが特徴です。特に、エステや脱毛器は、産毛といった柔らかい毛質の物では、あまり効果が少なく、根気強い治療が必要とされており、確実に施術するのに時間がかかります。しかし、毛抜きの場合は、毛をつかめば抜くことができるので、こうした心配は無いのが特徴になります。また、毛抜きの場合は、眉毛といった微調整が必要になる部位には一番よい方法で、抜きすぎるリスクを減らすことが出来ます。残しておきたい部分の調整をしつつ、生えている毛の良い部分を活かしながら脱毛を行う事ができるのがメリットなのです。

毛抜き脱毛の短所

では、先程の長所がある毛抜き脱毛ですが、あまり行われていないのが特徴になります。その短所は、毛抜き脱毛を正しくやっていないために起こっているトラブルになります。毛を抜く際に、思いっきり力を入れて抜きすぎてしまい、肌が鳥肌の様に荒れてしまうといった事、後は、毛抜きの途中で毛が切れてしまい、その毛が毛根の中で埋もれてしまうために、埋没してしまうといった問題が起こるようになります。こうした、トラブルが多く見られるために、短所が目立ち通常のケアでは、毛抜きはあまり良くないと言われるようになってしまいます。特に、顔といった箇所は微調整が利くにもかかわらず、こうした問題が起こるため、あまり脱毛の手段としては使用されている人が少ないのがそのためです。毛抜きの時の正しいケアを行うとこうした問題を解消しつつ、肌を綺麗にすることも可能なのです。正しいケアに関して行えば、手軽でかつ美しい、肌を手に入れることが出来ます。そのため、毛抜き脱毛の短所を克服する事が出来、長所のみを手に入れることが可能です。

 毛抜き脱毛のポイント

毛抜き脱毛でこのようなトラブルがないようにするにはどうしたらいいのか?それは、肌のケアや準備が大きなポイントになります。考えてみましょう?毛が抜けにくいことで鳥肌になったりします。つまり、毛根が肌と密着をしてしまうと、毛が折れたり抜けにくくなります。結果、抜ける時に衝撃が強くかかるようになり、肌の組織を押し上げてしまうので鳥肌の症状になります。鳥肌になるのは、毛根によって組織が引っ張られて出来てしまうのが原因なのです。次に、毛が折れてしまって、埋没毛になる原因は、毛根が毛先をホールドしてしまって、切れてしまった毛が、そのままの毛根の中で埋もれてしまうことによって発生します。この状態、両方を解消するには、肌を温めて毛先を開くというような事が大切になります。毛先を開くということは、その分毛の先端が肌の毛根部から抜けやすくなることによって、毛が切れる心配も組織がもりあがって鳥肌になるような問題が起こらないようになります。毛を抜く前に肌を温めて、状態を整えるのがポイントなのです。

まとめ

毛抜き脱毛は多くの人が手軽に行うケアですが、短所が多くあまりやらなくなっている方法になります。しかし、適切なケアを行うことによってその問題を改善することができるのです。