カミソリ脱毛と注意点

7

脱毛で手軽で多く人がやっているのがカミソリを使用した脱毛になります。カミソリの脱毛は、まめに手入れが出来るといった利点があり、特に目立つ足の脱毛に使用している方が多いのが特徴になります。

しかし、カミソリ脱毛は間違った手入れをしているがためトラブルがつきがちです。今回はカミソリでの脱毛の注意点を紹介します。

カミソリ脱毛の注意点~生理最中にやる

カミソリでの脱毛の注意点は生理中の時に処理をしていることです。

生理と脱毛って関係があるのと感じている方もいますが、実は女性の場合は、生理中は肌のターンオーバーが遅くなる特徴があります。

これは、肌の新陳代謝を高めているエストロゲンの分泌が減少しているため、肌に負担がかかる脱毛は向かない時期になります。肌の質と言った問題では無くて、普通肌でもその時期になると肌の状態が悪くなるので、やってはいけないのです。

また逆に肌の状態が良い時は、排卵日前のエストロゲンの分泌が多い時期になります。この時期は肌の新陳代謝が非常に良くなるので、通常の手入れをしても肌へのダメージが少ない時期になります。

カミソリ脱毛の多くの特徴に、肌を傷つけるといった大きな問題があります。そのため、肌への負担は最小限にするためにも、脱毛を行う時期をしっかり考えないといけないのです。

脱毛はあくまでも肌に負担がかかる作業になるので、肌の負担がない時期にやるのがふさわしいといえます。

カミソリ脱毛の注意点~毛を剃る向きが逆

脱毛の注意点にカミソリを滑らせる向きが正しくないという方が多いのが現状です。カミソリを使用した脱毛で、カミソリの向きはどういった向きが正しいのかアンケートを取ると意外な結果になります。

多くの人が下から上に滑らせる、毛の生えている向きと逆向きに滑らせるのが正しいと思っている人が多数いらっしゃいます。

しかし、この向きは間違いで、正しくは、毛の生えている向きと同じ方向に流すのが基本になります。毛の生えている向きと同じにすべき理由は、逆にすると毛根を深く削り過ぎるのと同時に、肌にカミソリの刃が直接あたってしまうので、そのため、肌荒れが酷くなります。毛を剃るのと同時に、肌の表面の細胞を削りとっているような感じになります。

そのため、肌が傷みやすくなってしまいます。毛の向きで同じ回数をカミソリで剃って、肌の状態を確認した比較実験によると、個人差はありますが、逆らわない方向の方が、肌を傷めにくいといった事が判明しています。

ですから、カミソリを這わせる方向は間違えないようにするのがポイントです。

カミソリ脱毛の注意点~入浴中にやる

カミソリの脱毛でやってしまいがちなのは、入浴中に脱毛を行ってしまっていることです。

一見肌が清潔になって、良いのでは無いかと思いますが、入浴中が大きな間違いなのです。清潔な肌の上で脱毛を行うには問題はなく、正しい行為といえます。

しかし、入浴の浴槽や水には雑菌がいることを忘れてはいけないのです。脱毛を行うことによって、傷ついた肌の細かい傷に、雑菌が入る可能性が高くなり場合によっては炎症になる可能性があります。

こうした問題を解消するのには、正しくは入浴後の肌の清潔な状態でケアをすることが望ましいのです。入浴後、カミソリで毛を剃って、お湯ではなく冷水で、肌を引き締めてそっとふくと入浴の様な、雑菌の問題はなくなります。

まとめ

脱毛でカミソリを使用した脱毛はとても便利で多くの人が使用している方法になります。

しかし手軽であるからこそ、多くの人が間違えやすいといったリスクもあるのがカミソリ脱毛です。

生理中やカミソリを這わせる向きが逆なのは、肌の角質を傷つける大きな要因になり、入浴中は雑菌が入りやすくなります。正しい知識を知って脱毛処理をするのがポイントです。