シェーバー脱毛の機器の選びかた

脱毛におけるシェーバーの選び方を知っておくと後悔をしなくても、しっかりとした、商品のメリットがあります。正しい製品を選ぶには知っておきたいポイントが有ります。今回は、そんな知っておきたい脱毛機器のシェーバーのポイントを紹介します。

電化製品での脱毛機器のシェーバーとは?

脱毛において電化製品でシェーバーとは、かなり高い製品に該当します。また、シェーバーというと、男性用の髭剃りを指す人が多く見受けられます。男性用の髭剃りと一緒なら、商品を買わないと言う人が多いのですが、男性用の製品と同様の剃るだけの商品もあります。しかし、最近は剃るだけの商品以外もシェーバーと分類されている事が多いのが現状です。また、各部位の脱毛に特化した製品も存在します。顔や脚は別製品扱いになっている場合がありますし、同じ商品ですべての部位をカバーできるような商品もあります。脱毛におけるシェーバーのくくりが最近は多様化してきているので、その部分を注意して、自分の脱毛のペースや、部位、また使用される機器の脱毛の原理を知って、自分にあった商品を選んでいくことが大変重要なのです。そのことを知らないで、安いからと商品を購入される人がおり、後悔される方もいます。ですから、注意が必要になります。

シェーバーの商品の種類

シェーバーの種類は、髭剃りみたいに剃るタイプの物があります。剃るタイプは、カミソリよりも、肌に優しく処理することが出来ます。刃が当たっている面積が、カミソリよりも時間が短いため、肌にかかる摩擦が少ないため、肌荒れがしにくく手軽に処理できるメリットが有ります。次に、毛を抜くタイプの商品があります。毛を抜くタイプの商品は、細かい毛抜き構造の物が、シェーバーの中に内蔵されていて、1回使用しただけで、毛を抜くことが出来るといった原理になります。毛を抜いているので、1回使用しただけでも生える毛の周期は遅いものの、痛みがあるのが欠点です。熱処理タイプ、人間の毛は黒いことに着目して、熱エネルギーを与えることで、毛を抜くことが出来るタイプになります。この方法は毛を焼いてしまうので、毛抜き同様に毛を生やすことが出来ず、しかも、肌に優しいのが大きな特徴になります。欠点は、市場で商品が中々手に入りにくいといった大きな欠点があります。こうした問題を解消するのが大きなポイントになります。シェーバーの商品以外で、エステ並みの商品に分類されるのがレーザー処理による商品になります。レーザーの場合は、確実に毛を生やす本数自体を減らすことが得きるといった利点があります。ですが、毛が抜けるまでに時間がかかること、そして、毛を抜く前に毛を剃る必要があります。そうした手間があるのが大きな特徴になります。

シェーバーの商品の選ぶポイント

先程、紹介した商品の中で非常に厄介なのは、商品が自分の肌にあっているかどうかは、使ってみないとわからない部分が多く、電化製品で購入の時点では、選ぶことが出来ないのです。注目するべきは、説明書に書いてある肌質が正しいかどうかといった部分に目を通す必要があります。また手入れの頻度によっても自分にあった機器かどうか選ぶ基準になります。手入れは、剃るタイプの物は頻度は高くなり、レーザーになるにつれて、頻度は少なくなります。ですが、価格はその逆になります。そういった商品のバランスを見て自分にあった商品を選ぶのが大きなポイントになります。

まとめ

脱毛に使用するシェーバーは、本当に厄介な物になります。脱毛に使用する商品で気をつけるべきなのは、抜く原理と自分の手入れの頻度によってあった商品を選ぶのがポイントです。一律に剃る商品だけでは無いので、その部分を考慮して商品を選ぶのが肝心です。