脱毛テープの使い方

脱毛で便利なアイテムとして注目がされている、脱毛テープですが、正しい使用法があまり良く知られていないアイテムになります。肌を傷つけないためには、正しいアイテムの使用方法を知っておくのがポイントです。

脱毛テープの使い方

最初にお風呂に入ります。入浴をして、脱毛箇所の肌を綺麗にする必要があるからです。肌を綺麗にしないと、脱毛後肌が化膿する可能性があります。それを防止するためにも入浴が必要になります。注意したいのは、あくまで入浴と書いてあることです。入浴をする意味は、脱毛テープの場合は大きな意味を持ちます。入浴をしないと、毛の毛根部分が開かないので、脱毛にムラが出来るようになります。毛根を開いておくと、綺麗に脱毛することが可能です。ですので、脱毛テープを使用するには、最低でも入浴をするようにして下さい。次に、水気をしっかりとって下さい。これは、脱毛テープの粘着力が減少してしまうので、水気をしっかり取りましょう。張っただけで、脱毛ができなくなってしまうので、特に注意が必要になります。最後に、脱毛箇所にテープを張るようにします。脱毛箇所にテープを張り、一気に剥がすことで、綺麗に脱毛を行うことが出来るのです。すぐに剥がすのがポイントで、時間を置くと脱毛効果が薄れるので注意が必要になります。

脱毛テープの使用ポイント

脱毛テープには、様々な商品があり、デリケートゾーン用の商品も多く販売されています。色んな部位にあわせて、自分にあった商品を探すのが基本です。また、接着剤や成分によっては、肌荒れの大きな要因になります。初めての商品は、目立たない部分で1回テストを行うのが基本です。脱毛テープは、毛根を一気に抜くと同時に、肌の角質を痛めやすいので、生理中の使用は避けるようにします。生理中は特に角質の、肌の回復が遅いので、避けるようにして下さい。かぶれの原因はこの時期が多いとされているからです。脱毛テープの使用ポイントに、脱毛後のケアにも注意する必要があります。脱毛後は、肌が酷く傷ついているので、クリーム等でケアが大切になっていきます。クリームを使用して肌を整えると、脱毛のダメージを消すことが出来ます。おすすめしたいのは、保湿クリームでなるべくオーガニックの製品がおすすめです。化学成分が入っている場合は、その成分が浸透しやすくアレルギーの原因になります。

脱毛テープの注意点

脱毛テープの注意点があります。脱毛テープの場合は、基本的に、敏感肌の人には不向きになります。それは、脱毛をカミソリで行うよりも肌に負担がかかる事が多いからです。また、脱毛テープを使用する際、生えている毛の向きと逆向きから剥がすようにして下さい。意外にも、毛と同じ向きで剥がす人がいます。カミソリや他の製品の使用によって脱毛する場合は、毛と同じ向きなのですが。脱毛テープの場合は、毛と逆向きになります。向きを間違えると取れる毛の数が、少なくなってしまうのです。そうなると、手間が大変かかってしまうので、こうした問題に対しても大きな問題が起こるようになります。また、脱毛テープの製品ごとの注意書きをよく読まない人がいますが、製品情報には、保存の方法が書かれています。接着剤を使用しているものなので、保存場所を間違えると劣化することが多いのです。それを防ぐためにも、脱毛テープを使用する場合は、説明書をよく読むことが大切なのです。

まとめ

脱毛テープによって、脱毛を行う場合は、入浴をして毛根を開く必要があります。注意点は、生理中や敏感肌の人は使用を避ける、脱毛後は保湿を行う、テープに書かれている説明書をしっかりよく読み保存場所に注意するのがポイントです。