脱毛とケア

48

脱毛を終えたら、肌に対してケアが大切になります。正しいケアを行えば脱毛と同時に美肌を手にすることが出来ますが、そうでない場合は悲惨な要因になります。

乾燥肌、敏感肌、薬品負けといった皮膚の炎症の原因にもなりかねないのです。

今回は脱毛後の正しいケアに関して紹介します。

脱毛後のケア~当日編

脱毛後に行うケアのポイントとして知っておきたいのが、時系列によって必要なケアが大きく異なるといった点です。時間によってケアの仕方が違うのが脱毛の大きな特徴になります。

最初に、脱毛のケアを行った当日の肌の状態は、非常に小さな刺激に対しても敏感に反応してしまう肌の状態になっています。その肌の状態を解消していくには、まめなケアをしていくことが本当に大切なのです。最初に脱毛を行った時には、日焼け止めは必須です。

紫外線に対する刺激に対しても通常なら対応できますが、脱毛後の処理の時は敏感肌になっているので、日焼け止めを塗るのが基本になります。また知っておいて欲しいのが、脱毛を行った際には、肌を冷やすことです。

脱毛の処置は肌の細胞が傷ついた事によって炎症が起きています。炎症と言っても熱っぽい、ヒリヒリするといった患部の症状が出ます。その患部をしっかり冷やすのが大切なポイントであり処置としてすべき点なのです。

また逆に、体を温めることは絶対してはいけません。炎症が酷くなり肌荒れの現任になります。脱毛後はその部位の肌を休めるといった意味でもやってはいけないのです。

また乾燥する場合は、クリームを使用して、優しく水分補給をするようにして下さい。まめにする必要は無くとにかく優しくが基本になります。

脱毛後のケア~後日編

脱毛後のケアのポイントは他にもあります。

それは基本的なことですが、最初に、当日同様その幹部に日焼け止めを使用するのが基本です。またその部位にクリームを塗ってケアを必要に応じて行うのも大切になってきます。

ここで肝心なのは、クリームに抗生剤が入っている商品があります。その商品を使用してしまうと、肌の細胞の部位を敏感肌にしてしまうので使用は禁物です。

また、一部分の肌荒れが出てしまった場合、ステロイドを使用する場合は、注意が必要です。脱毛の箇所によって出来た場合は、脱毛の薬剤がその人に合っていないのか?

単なる肌荒れなのか素人には区別をすることができないからです。

故に、脱毛を行って敏感肌になってしまった場合は、皮膚科に言って、薬剤の成分かどうか確認して同じ方法でも問題が無いかどうか確認する必要があります。

脱毛後のケアの注意点

脱毛後のケアのポイントは、行った箇所に傷が無いかといった問題が肝心になります。傷がある場合は患部を洗って、軟膏を塗るといった外傷の処置が必要になります。

外傷の処置のポイントは、正しく行わないと時間が経つにつれて、炎症、最悪の場合は治る前に毛を行ってしまって、傷口が酷くなります。

次に薬品を使用している場合は、基本的に炎症が起こる場合があります。ケアを初めて行った際には、特に毎日肌の状態の観察が大きなポイントになります。

場合によっては使用した薬剤によって、ケアの商品でアレルギー発症するといったトラブルがあり、未然に防ぐために大きな大切なことなのです。

脱毛は脱毛したことが成功では無く、脱毛を行ったことによって肌に炎症が起こらないのがゴールです。気を抜かないのがポイントになります。

まとめ

脱毛とケアは切っても切れないほど離せない関係で、健やかな肌を保つのに大切な過程です。

脱毛後の日焼け止めの塗布、脱毛後の肌を冷やすといったケアが大きなポイントになります。

また、肝心なのは、脱毛によって起こったトラブルを軽視しないで、軽度のうちに起こった時に対処できるようにしておくのが肝心です。