脱毛クリームとは?

43

脱毛の方法に多くの人が用いるのが、クリームを使用した脱毛です。では、どうしてクリームで脱毛が出来るのか?

疑問に思った方も多いのではないでしょうか ?

今回は、そんな脱毛クリームのメカニズム、成分に関して紹介します。

脱毛クリームとは?

脱毛クリームとは、塗るだけで毛を抜くクリームではないのです。毛を抜くのではなくて、生えている毛自体を溶かす効果を持っています。

脱毛というよりも、毛を溶かすために、アルカリ性の成分が使用されて、配合されています。その成分名は、チオグリコール酸カルシウムと呼ばれる成分で、この成分によって本来毛に入っている、キューティクル部分を中心に溶かし、毛が目立たないようにしています。ですから、剛毛の人が1回使用して、毛が落ちないというのは、成分が毛に対して少ないので、太い毛を溶かしきれないといった事が原因です。

同じ量の成分を使用して、人よりも毛が残っているというのは、毛を細くすることを溶かすことによって成功はしているものの、周りのキューティクルは溶かしているが芯が残っている状態ということになります。

ですから、使用説明書に書かれている同量の成分を使用して溶かすことが出来ないと思っている方は、この成分の浸透し易い工夫や商品を選ぶ必要性が大いにあります。

脱毛クリームは肌の優しさと、毛を溶かす威力のバランスが商品によって大きく異なるので、しっかりとしたリサーチが必要な商品になります。

脱毛クリームによる脱毛の長所~毛が目立たない

脱毛クリームを使用して、脱毛を行った場合は、他の場合とどういった違いがあるのでしょうか?

脱毛クリームを使用して脱毛を行った場合は、毛先が丸まっているといった特徴があります。これは、薬品で毛を溶かしているため、キューティクルが丸くなることによって毛先のタンパク質が変形するからです。

故に、脱毛クリームによって、脱毛を行うとこうした特徴があります。脱毛後は、毛先が丸くなるので、カミソリや他の脱毛方法に比べて、毛の断面積が小さくなるため目立たないといった特徴があります。

また、毛先が丸くなることによって、独特のチクチクした、肌触りといった問題も解消することができるので、肌触りを重視した脱毛の選択肢を探している方にはおすすめしたい手法になります。

また毛が薄い部分ほどクリームの浸透も良いので、そういった部分に使用するのは便利です。指先といった部分や手首といった部分は簡単に処理することが出来ます。

脱毛クリームによる脱毛の長所~速効性

脱毛クリームの利点は、速効性です。市販されている商品でも、クリームを塗布してから1時間から2時間ぐらいで十分毛に成分が浸透して、綺麗に毛を落とすことが出来ると言った長所があります。

また、速効性の良い部分は、時間が無くても綺麗に落とすことができるので、コンスタントにケアさえ行えば、確実に毛を薄くし、脱毛することが出来ます。エステや他の方法だと時間がかかるデメリットが大きいのですが、脱毛クリームを使用した場合は、こうした部分をスピーディーに解決することが可能です。

注意点は、時間を守るということです。先ほど話したとおり、アルカリ性の成分を使用しているため、時間を超えて使用する場合は、肌に負担がかかるようになります。一度にたくさんの毛を脱毛したい気持ちは判りますが、その部分は控えるのが基本です。

まとめ

脱毛クリームとはチオグリコール酸カルシウムを使用して、肌の表面上に出ている毛の成分を溶かしきるといった事で、脱毛を行っているのが基本になります。

毛を毛根から空いていないのが特徴です。長所は、毛先が丸くなって目立たないこと、即効性が高いのが大きな特徴になります。