知っておきたい脱毛に時間がかかる理由

21

脱毛ってどうしてこんなに時間がかかるもんなのか?

悩まされている方も少なくないのでは無いでしょうか?今回はそんな知っておきたい脱毛に時間がかかる大きな理由を紹介します。

脱毛に時間がかかる理由~育毛周期

脱毛をする時、一見その部分の毛を全て脱毛したとしても、その部分の毛を空いた数日後、毛が生えて嫌になった経験ってありませんか?

見える毛が全てその部位に生えている毛だとは限らないという事実なんです。脱毛を行う時その部分の見えている毛が全てければ問題が無いと思いがちですが、そんな事は無いのです。

毛には、育毛期、休止期、退行期といった3つのサイクルの期を経て生えています。

ですが、実際に目に見えているのが育毛期だけの毛になります。この部分にしか、脱毛処理というのは効果を発揮することが、現在の機械、クリームを使用してでも解消できない大きな問題となっています。

つまり、どんなに頑張ったとしても、残りの2/3の毛の脱毛処理が出来ないのです。そのため、知っておいて欲しいのが、毛の周期を知って適切な部分や地点で、ケアを繰り返す必要があり、それを守らないと完全な脱毛というのは完成することが出来ないのです。

故に、脱毛に時間がかかる理由は、この育毛期が大きく関係しており、休止期や退行期を終えた時点で処置をしないと意味がなく、その時期を待つ必要があるので、脱毛に時間がかかるのはこうした理由からです。

脱毛に時間がかかる理由~皮膚の状態

脱毛に時間がかかる理由は、皮膚の状態にも大きな関係性があります。皮膚を傷つけないで症状を改善したいというのは多くの人が考える脱毛のポイントになります。

しかし、脱毛の要因で知っておいて欲しいのが、肌が荒れない状態でケアをするには、肌を休める必要性があるという事実です。

一回の処置で刃物や薬品を使用する場合は、その部分によって皮膚組織が損傷する事になります。

その損傷を解消するには、ちゃんとしたケアが必要になります。そのケアをしつつも肌を休めるのが大切なポイントになります。肌を休めるというのは肌のバリア機能を回復させるという意味でこうした部分を怠ると、肌が敏感肌や乾燥肌といった問題が発生するようになります。脱毛は肌にとっては雑菌やリスクが発生する要因となっているのでその部分を踏まえて脱毛の処置や管理をするのが大切になります。

そのため連続のケアを避けるために、脱毛箇所に時間をおくため、時間をかける必要性があるのです。

脱毛に時間がかかる理由~部位によって処置が違う

部位によって脱毛には気を配る必要があります。すねの部分の毛を抜く場合と脇の部分の毛を抜く場合、クリームやカミソリといった物、肌のケア商品に関しても種類を変える方は多いと思います。

実は、脱毛に時間がかかる理由はこうした、ケアに関して一律に同じ部位での処置が出来ないということなので、使い回しが利かない、同じようにケアをしたのに、問題が起こったといった点があります。

そのため、脱毛に関して部位ごとに気を配るケアというものが存在するのです。ケアのためには商品を買うことや、使い方を変える必要があります。

故に、そう言った情報を知っておくと、肌荒れやトラブルといった問題を解消することが出来ます。

部位によって、ケアを変える必要があるので、時間がかかるのはそういった問題があります。

まとめ

脱毛に時間がかかる理由は毛が生える周期と肌の状態と、部位によるケアの関係があります。

基本的に、違う部位の休眠期の毛根が再び毛の生える周期は2~3ヶ月周期、皮膚の状態が良くなるのは最低でも2~3日ほど時間がかかります。

また部位ごとに、皮膚の厚さも違うため、ケアが異なり脱毛と言っても時間がかかるのです。