腕・脚の脱毛のポイント

腕と脚は同じ脱毛方法でも対処することが出来ます。セルフ処理でも多くの方法があり、その中で良い方法を選ぶのも可能です。多様化する脱毛の方法の中で、今回はセルフケアを中心に、腕・脱毛のポイントを紹介していきます。

腕と脚を安上がりに脱毛するポイント

腕と脚の脱毛を最初に行う前に知っていて欲しいのは、毛の質や生え方がポイントになります。脱毛したいのであれば、その部位の毛の特徴は知っておくべきなのです。では、解説してきます。最初に、腕と脚の毛の特徴ですが、基本的に毛は細めです。ですが産毛ではないので、毛の生える周期は一定になります。そのため、他の部位に比べて多くの脱毛法を選択することが出来ます。具体的には、カミソリ、シェーバーでの剃る、除毛クリームや抑毛ローションの使用、機器類での脱毛、ワックスと言った幅広い選択肢が存在します。ですから、多くの方法があるので、一番良い選択肢を選ぶのに多くの人が迷いがちになるのも致し方無いのです。また、この部位は、剛毛に悩む人、毛が多く生えて意外に、脱毛回数が多いと悩む人が多い部位にもなります。そのため、そうした人でも簡単に処理できる方法を紹介していきます。

腕・脚脱毛であまり向かないセルフケア

腕・脚の脱毛の場合は、あまり向かないのがカミソリで単独での処理、女性用のシェーバーでの処理、除毛クリームになります。最初の2つに関しては、毛質が細い、柔らかい、また毛の本数が少ない人には向いています。しかし、剛毛や本数が多い人には向かない方法になります。毛が剛毛、本数が多い人は、一度にその毛を剃りきることが出来ないからです。カミソリ・シェーバーを使用する場合は、肌に触れる回数が同じ箇所2回は触れてはいけないのです。2回以上の場合は、肌の色素沈着や炎症、化膿の原因になります。こうした毛質の人は一度に広い面積を剃り切ることが出来ないので、向かないのです。除毛クリームが向かないのは、毛を溶かすアルカリ性の成分が毛が太い場合は、脱毛の効果が出る前にローションが無くなってしまう可能性が高いからです。また、毛が太いと長時間肌をこすり続ける人が多いのでやはり肌の炎症の原因になります。そのため、除毛クリームもあまり向かない方法になります。知っておいて欲しいのは、肌に負担をかける栓足しは、この部位のセルフケアには向かないのです。

腕と脚のセルフ脱毛の最強の組み合わせ

では、腕と脚のセルフ脱毛の最強の組み合わせを紹介します。腕と脚のセルフ脱毛の場合は、男性用シェーバーと抑毛ローションが一番よい組み合わせです。では、どうしてこの2つが最強なのかその理由は、男性用シェーバーは男性のひげを剃るために作られているので、確実に剃り切ることが出来ます。ですから、1回で肌を傷つけなくて深剃りができます。また男性物の場合はパーツの分解が容易で女性物に比べて清潔に保ちやすい、水気がある場所でも使用できる、水洗いができるといったメリットも有ります。剃り切る力も強くて、使いやすいのです。また、女性物に比べて、深く剃ることも可能なので伸びる時間もかかります。次に、その後にケアを行う周期を長くするために抑毛ローションを使用するのが良いのです。抑毛ローションは毛の質を変え細く、生えるまでの周期が長くなります。そのため、処理する間隔が長くなります。様々な方法がありますが、この方法が簡潔で怪我するリスクも少なく処理ができる方法なのです。

まとめ

腕と脚の脱毛には多くの方法がありますが、向かないのは肌を傷つけるリスクが高い、カミソリ・女性用シェーバーの使用、除毛クリームになります。向く方法は、肌に触れる回数が少なく、毛を剃りきることが出来、なおかつ毛質を変える方法の、男性用シェーバーと抑毛ローションの併用なのです。