脇の脱毛のポイント

脱毛部位のNo1と行ったら脇を考える人は多いのではないでしょうか?ですが、事故処理が限界だという情報が中心に書かれており、脇の脱毛はエステにおまかせといった情報が多く散乱しています。しかし、正しく処理を行えばセルフ処理でも一定の質を保つことが出来ます。今回はそんな脇脱毛のポイントを紹介します。

脇の脱毛処理の種類

脇の脱毛処理の種類は、カミソリ、シェーバーで剃る、除毛クリームや抑毛ローションを使用する方法、家庭用やエステや医療機関で、処理を行うといった方法があります。また、エステや医療機関の場合は、光脱毛と針脱毛があります。この方法の中で、多くの人がやってしまいがちなミスは、セルフ脱毛での正しいケアが行われていないといった問題、脇の悩みに対して正しい脱毛処理のプランを選んでいないといった問題があります。また、脱毛する方法の中でも、脇の脱毛に効果があるものと、そうでないものがあります。組み合わせによっても、最強になる場合とそうでない場合があるので、脇脱毛に少ない労力で効果がある方法を選ぶのがポイントなのです。この中で、あまり効果がないのは、除毛クリーム、抑毛ローションになります。実はこの2つは、他の手や脚、背中といった比較的毛の質が細い部位は向いています。しかし、脇にはこの3つの部位とは違った特徴があるためにこの方法ではうまく取りきれない問題があります。それは、脇の毛が他の部位に比べて太いこと、汗をかきやすいので成分が落ちてしまうといった特徴があります。そのため、この2つは処理には向かないのです。もし、使いたいのであれば、メンズ物の商品を使用するのが無難です。

脇脱毛の良い方法と注意点

脇脱毛の中でセルフケアの場合は、やっぱり剃るのが一番手軽で綺麗に行うことが出来ます。しかし、肌の炎症やトラブルが多いといった問題で避ける人も少なくないのです。脇が一番目立たなく、少ない面積で効果を上げることができるので、脇の脱毛でセルフケアのポイントを押さえると炎症を引き起こさずに脱毛処理を行うことが出来ます。ワキの場合で注意したいのは、面積が狭いので、同じ箇所を何度も剃りがちになります。これが炎症の原因になっています。炎症の原因の一番は、同じ箇所の肌に刺激を与えてしまうことになります。また、カミソリの場合は絶対にクリームを塗る、シェーバーの場合は生理中に処理を行わないといった事を守るだけでもかなり改善をすることが出来ます。知っていて欲しいのは、同じ部位に刺激を与えないかです。機器を使用するよりもまめに処理を行うことが出来ます。

脇の脱毛~家庭用、エステ、医療機関の長所

家庭用脱毛器、エステ、医療機関の場合は大きな長所として、機器から発生する光によって脱毛を行うので肌に傷をつけることはないのです。しかし、脱毛したい部位のシェービングは必要になってきます。ですから、セルフケアはあくまでもできるようにするのが大切なのです。次に、光脱毛と針脱毛がありますが、針脱毛には、光脱毛と大きく異る長所があります。それは、光脱毛の場合は毛を焼ききるだけですが、針脱毛の場合は、毛と一緒に汗腺を焼ききることが出来ます。そのため、ワキガや多汗症に悩んでいる人は脱毛と同時に対処をすることが出来ます。脱毛と言っても、種類が多いので自分にあった方法を選ぶのが肝心です。

まとめ

脇の脱毛は、セルフでも簡単に行うことが出来、比較的他の部位に比べて目立たないため、多くの人がセルフ処理を行っています。汗や毛質が太いため、剃ることや機器による脱毛が効果的です。また、針脱毛の場合は、汗腺も同時に潰すことができるので、多汗症やワキガの人におすすめです。