脱毛の種類~針脱毛~

脱毛で実は、エステや医療機関で行われる脱毛は、レーザー脱毛だけではないのです。エステでは決して行われることがない、針脱毛と呼ばれる脱毛があります。針脱毛と聞くと痛いイメージや、実際にどういった施術が行われているのか?疑問に思う人も少なくないのです。今回は、針脱毛に関して紹介します。

針脱毛の脱毛原理

針脱毛は、一つの毛根に対して、絶縁材でコーティングされた針を通して、電流を流すことで、その毛根、その毛母細胞といった毛と毛を生やす細胞自体を焼ききってしまうことで、毛が生えなくなるような手法になります。光脱毛とは異なり、一つ一つの毛根に対してアプローチを行うことで、脱毛を行うため、確実にその部分の毛を生やすことが無いようにします。光脱毛やレーザー脱毛の場合は、あくまで黒い色に反応するようにして、毛を焼ききる手法になりますが、その毛をピンポイントで焼ききっていないのです。焼ききる可能性はあるものの、その部分の毛が残ってしまう可能性があります。しかし、針脱毛の場合は施術によって、消したい毛根の脱毛を行うことができるので確実に脱毛処理を行うことができるのです。針脱毛が優れている理由は、消したい毛根を確実に仕留めて、脱毛を完了させることができる大きな特徴があります。

針脱毛の長所

針脱毛の長所は、先程説明した脱毛の長所だけでなくて、他の部分にも大きな長所があります。最初に、光脱毛で厄介な理由に色素沈着があります。肌が日焼けしていて黒い人は通常の人よりも脱毛の期間がかかります。その理由に、脱毛を光で行っているのですが、黒い皮膚と毛の照射を分けることが非常に難しいとされているからです。同様の理由に、色素沈着が激しい、アンダーヘアー部分も長期間かかりがちです。しかし、人間の目で確実にその部分の毛を脱毛するので、針脱毛の場合は、綺麗に脱毛することが出来ます。しかも、細やかな部分の調整も利くのが針脱毛の利点でもあるのです。また、知っていて欲しいのが、針脱毛の場合は、アポクリン汗腺を焼ききることが同時にできるので、匂いの原因になる汗腺の作用を弱めることが出来ます。実際に、ワキガの治療法でも、電流でその汗腺を潰すことで臭いの原因になる、汗を減らす治療法を行うことが出来ます。光脱毛では、毛のみを焼ききるので、こうした汗のにおい対策まで作用することが出来ないのです。知っておいて欲しいポイントは、ワキガのある人で深刻に悩んでいる場合は、針脱毛で両方のコンプレックスを解消するのがおすすめです。知っているようで知らない人が多く、エステの場合は光脱毛しか説明しない事も多いので、そのエステがどういった機械を使用しているのか知っておく必要があります。医院の場合は、悩みとして問診を受けると、状況を説明をしてくれます。

針脱毛の短所

針脱毛の短所は、針を使用するので、施術者の腕が非常に問われる脱毛だという問題があります。針脱毛の場合は直接毛根に針を通して脱毛を行うため、一つ狂うと大きなトラブルになる場合があります。実際に、針に電流を流すため、色素沈着ややけどといったとトラブル、施術が痛いといったクレームがあるのが現状です。そうならないポイントは、施術者の交代が可能か、エステの場合はトラブルになった場合の医院での補償はどうなっているのか?トラブルになった場合の契約解除はどうなっているのか?光脱毛よりも慎重になるべきなのです。

まとめ

針脱毛は、一つの毛根に対して針を通して、脱毛を行う方法です。長所は、毛と一緒に汗腺も焼ききることができるのでワキガで悩んでいる人は汗の悩みと一緒に問題が解消することが出来ます。しかし、施術者の腕が問われる脱毛なので、慎重にサロンを選ぶのが大切なのです。