脱毛のトラブル埋没毛とは?

埋没毛とは多くの人が悩ましい脱毛のトラブルになります。どうしてなってしまうのかと、ならないようにする対策を知っておくのが何よりも大切なのです。今回は脱毛でなってしまう原因の埋没毛とその対策に関して紹介します。

埋没毛とは、なる原因とは?

埋没毛は、脱毛処理の時に、毛をカットした時に、周囲の皮膚に傷が付き、その傷ついた部分の皮膚がかさぶたを形成します。その後、今後生えてくる毛が、その修復された皮膚の中で埋もれてしまうといった症状になります。つまり薄皮に包まれた毛の症状になります。皮膚から透けて毛が生えているのが確認できる症状になるので、埋没毛と呼ぶわけです。なる原因は、毛が切れること、そして毛穴の周辺の皮膚組織を傷つけるといった段階2つによって、症状が進行するといった特徴があります。ですから、脱毛処理で埋没毛現象が起こるのは、カミソリといった毛を切る脱毛法、剃るといったシェーバーを使用した場合に起こりやすくなります。光脱毛や抜く脱毛では、毛自体を焼き切る、もしくは抜いてしまうので、発生するリスクは減少します。毛が残っている、皮膚を傷つけるリスクが高いものが発生する大きな要因になるのです。

埋没毛が出来てしまったらどうしたら良いのか?

埋没毛は目立つため、抜いてしまいたいという方がいます。ですが、それは得策ではないのです。最初に埋没毛ができるということは、基本的に肌に炎症がある状態になります。つまり、肌が傷つきやすい、繊細な状態なので、下手に処置をしてしまうと、症状が悪化するといった問題が起こります。また、知っておいて欲しいのは、カミソリといった脱毛処理を行った場合は、その後のケアが大切になってきますが、ケアを行っていないがために、皮膚の炎症段階が起こってしまったが為に、埋没毛になってしまっています。ですから、同じ皮膚のケアをしていたら更に症状が深刻になってしまうのです。症状を深刻にしないまま、埋没毛をどうしても抜きたいと考えている人は、まずは角質を柔らかくする必要があります。肌の皮膚組織を柔らかくすることによって、毛を抜きやすくすることから始めて下さい。また、入浴することも大切な方法になります。また、肌表面を清潔にしてから、消毒したピンセットで抜くことも重要です。埋没毛のケアは、基本的に、前のケアよりも厳重にしないと、更に肌の状態を悪化させます。そういった症状の悪化を防ぐためにも、そうしたルールを守ることが大切なのです。

埋没毛を作らない方法とは?

埋没毛を作らない方法は2通りあります。最初に、埋没毛ができにくい方法で脱毛処理を行うのがポイントになります。埋没毛は、皮膚の炎症と毛が切れる事で発生します。光脱毛は、エステ、家庭用、医療機関で出来ますが、光脱毛の場合は周辺の皮膚を傷つけないで毛だけを焼ききるので、一番出来にくい方法になります。皮膚には無傷というのが、機器を使用した脱毛になります。次に、知っていて欲しいのは、脱毛前の保湿剤や、脱毛が終わった後のケアを念入りにすること、脱毛前の皮膚を清潔にすることです。セルフ脱毛の場合はリスクが高くなりますが、知っていて欲しいのは、炎症さえ起こらなければ良いのです。そのためには、傷ができにくい事、雑菌が入らないといった条件が大切になってきます。その場合は、肌を清潔にして菌を少なくして、皮膚への摩擦を最小限にすることで解消することが出来ます。

まとめ

脱毛のトラブル埋没毛は、非常に厄介な症状になります。これは、毛の一部が皮膚に残っていること、周辺の皮膚に炎症が起こると発生するようになります。出来てしまった場合は皮膚の状態を整えた上で、細心注意を払って抜くことです。出来ないようにするには、光脱毛やケアを怠らないことです。