脱毛によって起こる肌の色素沈着とは?

脱毛によって出るトラブルでなってはいけないのが、色素沈着です。どうして脱毛をすると色素沈着が起こってしまうのか?今回は、その訳と理由を紹介します。色素沈着のなる原因を知ってトラブルの解決になれば幸いです。

色素沈着とは?

脱毛になる前に知っておきたいのが肌の色素沈着って何?ということです。色素沈着とは、肌に起こるシミや肝斑の事を指します。部分的に肌の炎症が起こることによって肌の一部分にシミが出来てしまう症状になります。みなさんは肌が綺麗になるために脱毛を行うわけですが、逆にシミがあることで肌がくすんでしまうのです。色素沈着は、紫外線による過剰なメラニン色素の放出によって、肌の一部分がシミになりますが、脱毛の場合の色素沈着が異なります。脱毛の場合は、肌の毛が抜けたことによって、その部分に血液がたまり、その後血液中の成分が残って起こる場合がほとんどです。また、毛の一部分がそのまま残ってしまう埋没毛と大きく異なり、シミの場合は、1回できると中々消すことが出来ないので、抜く前に対処法を知っておくことが何よりも大切な事になってきます。

色素沈着になる原因とは?

色素沈着になる原因とは、肌の傷になります。では、何を行うことによって肌の傷が発生してしまうのか?今回は、その色素沈着の原因を紹介します。では、肌を傷つけるというのはどういった行為を指すのか?今回はそれに関して説明を行っていきます。まず、脱毛の場合で起こる色素沈着の大部分が傷です。傷というと、何を指すかというと、カミソリといった刃物を連想する脱毛を想像しがちです。確かに、そういった機器の仕様による脱毛の色素沈着の発生率はダントツになります。しかし、知っておいて欲しいのは、刃物以外でも傷はできるといった事実になります。刃物以外の傷とは何なのか?想像できずにやってしまい、色素沈着が起こった後で気づかれる方も多いのです。毛を抜く行為自体(毛抜き)や光脱毛による照射も実は、色素沈着の原因になることが知られているのです。毛を抜く行為は基本的に、毛根を引っ張ります。毛根の毛母細胞には、実は血管が走っています。抜くことによって血管から血液が漏れ出します。その結果、その成分が毛穴に浸透してしまうので、色素沈着が起こるようになってしまうのです。色素沈着はこうした問題が起こることによって、大きな問題を引き起こしてしまいます。肌の状態を悪くしてしまうので大きな問題になるのです。また、エステの光脱毛の場合は、毛母細胞自体を焼ききることで脱毛を成功させています。そのため、焼ききる出力が強い場合は、色素沈着の大きな原因になってしまうのです。肌自体を傷つけるだけでなくて、毛穴の奥の血管に影響をおよぼす方法は色素沈着の原因になります。

色素沈着を防ぐ方法とは?

最初に知ってほしいのは色素沈着がある可能性は、剃る、毛を抜く、毛を焼ききる方法において必ず発生するものと知っていて欲しいのです。これを踏まえておくのが第一原則になります。次に、大切なのは脱毛を行った後の肌には刺激を与えないことです。一番は熱を与えないことです。体を温める、お酒を飲むといった事は禁止です。また、日光の紫外線が当たると肌の炎症を引き起こす事を行ってしまいます。肌の防御機構が弱い状態での、日光に当たる行為は色素沈着の一番の原任意なりますので注意が必要なのです。

まとめ

色素沈着は肌の傷によって発生します。それは傷でなくても、毛母細胞から毛を抜いたり、焼いたりすれば、起こる可能性があるのが色素沈着であることを認識して正しく対処を行うのが色素沈着を防ぐ大切な事になります。