脱毛後のトラブルの毛嚢炎と治療法とは?

エステや家庭用の光脱毛機器、医療機関の脱毛には大きなリスクが有ります。そのリスクを知った上で、脱毛に関して対処が必要なのです。そのため、知っておきたい、毛嚢炎とその治療法に関して紹介します。

毛嚢炎の症状

毛嚢炎とは、肌がニキビの様に、膿がたまりぶつぶつができる症状になります。この症状は脱毛によって出来た症状なので、注意して欲しいのは通常の肌荒れによって発生したニキビではないということなのです。ここで、通常のニキビと毛嚢炎と何が違うのか解説を行っていきます。通常のニキビの場合は、肌の表皮に落としきれない角質や脂が過剰に残っておりその脂に細菌が繁殖して、ニキビが出来ます。この時の菌はアクネ菌が一番の原因になります。本人の肌に菌が過剰に多く繁殖している場合にニキビが起こるとされています。毛嚢炎の場合は、脱毛によって毛穴が傷つくといったことから発生します。毛穴が光脱毛によって傷がついた場合、その毛穴に対して、化膿の現象が起こるようになります。擦り傷で、怪我をして傷が膿んだ場合の炎症を思い出して戴けると分かりやすいかと思います。つまり、毛嚢炎の場合は、毛穴にレーザーが傷ついた事によって、その毛穴で傷口が化膿して、小さい膿の粒が発生しているような症状になります。見た目では似ているようでも全然違う症状かと言うのが判ります。ですから、通常のニキビのように治すことは出来ないので、病院に行ってケアが必要なのです。単独で対処しないようにするのが何よりも大切なのはこうした理由によります。

毛嚢炎になる原因とは?

毛嚢炎になる原因の一つに、光脱毛器の出力が大きな関係を持っています。光脱毛器は、光をあてることで、毛母細胞を焼ききる作用がありますが、人によって肌の感受性が大きく異なります。そのため、肌の感受性によっては、弱い刺激でも肌に炎症が起こる場合があります。これが一番の原因で、光脱毛を行う前には、肌の目立たない部位で、テストを行うのが肝心なのです。特に、アトピー性皮膚炎になったことがある人や、敏感肌の人に多いとされています。こうした症状を経験、体質を持っている方は慎重に脱毛に関して意識を持ったほうが良いのです。家庭用の場合は自分で出力調整を行うため、こうしたトラブルの原因になります。家庭用で注意して欲しいのは、絶対に出力チェックを行うのが大切なのです。エステの場合は、こうした肌の炎症が起こりやすい体質なので、炎症が起きた場合の対処や保障に関してしっかり対応を聞いておくこと、医療機関の場合は、しっかり問診の時点で答えるのが何よりも大切なのです。

毛嚢炎になった場合の治療法

もし、毛嚢炎になってしまった場合は、どうしたら良いのでしょうか?通常のニキビと違いを含めて紹介します。通常のニキビの場合は、脱毛を行わないで肌の脂があり所に出来ますが、脱毛でできる毛嚢炎の場合は、なかった場所に出来ます。脱毛をした箇所に出来た場合は、毛嚢炎の症状になります。潰さずに病院に行くのがポイントです。肌に含まれている黄色ブドウ球菌は厄介なので、勝手にニキビ用対策の薬の塗布はおすすめしません。治療にはステロイドが使用されますが、ステロイドも肌の炎症にあわせて強度が決まっております。最小限のステロイドで、肌荒れをしっかり治すには、皮膚科に行って処方をしてもらうのがポイントなのです。

まとめ

毛嚢炎は、見た目はニキビに似ていますが、実際は小さな肌の炎症で、化膿によって起こります。敏感肌や家庭用脱毛器を使用する人が多くなりやすいとされます。なった場合は、ニキビのケアと一緒の方法では無くて、皮膚科でのステロイドの処方が一番とされているのです。