脱毛とニキビの関係

脱毛したいのに肌荒れのせいで出来ない肌の状態にニキビがあります。ニキビがある時どういった肌荒れの防止の対策が必要なのか?具体的に知っておく必要があります。今回は知って損はないニキビのある場合の脱毛に関して紹介します。

知ってほしいニキビの種類と脱毛の関係

ニキビを持っている方、調べて欲しいことがあります。貴方のニキビはいつからありますか?ということです。思春期の時にできているニキビと大人のニキビでは脱毛の意味が大きく異なります。思春期のニキビは、基本的に、ホルモンのバランスが崩れたことによる過剰な脂質の分泌よって発生します。過剰な脂質とは、脂が多く出ることによって肌の毛穴に脂が詰まることでアクネ菌が発生してニキビといった炎症になります。この場合は、ホルモンのバランスを整える、清潔にするというのが効果的です。脱毛で肌の粘膜を傷つけると、ホルモンの分泌がひどくなるので、こういった人は、脱毛には向きません。食生活等で、改善した後に脱毛を行ったほうが肌荒れのリスクを減らすことが出来ます。

次に大人になってできているニキビの場合は、何が問題なのかといいますと、肌の脂が慢性的に溜まっている状態になります。これは、毛穴に毛があることで、ニキビの原因になる脂が過剰にあるので、脱毛を行うことで、肌の組織に脂が溜まった状態を改善することが出来ます。そのため、脱毛を行うことでニキビの症状の改善が可能になります。ニキビであるから、脱毛をしようと迷っている方は、自分のニキビの症状を知っておくのが大切なのです。

ニキビのある箇所の脱毛ポイントと失敗例

ニキビのある場所は、基本的に脱毛を行う際は避けるしかありません。潰してしまうと膿が出てしまうことで周辺の肌の組織にアクネ菌が蔓延してしまうため、かえって肌荒れの原因になります。そのため、肌荒れの対策のためには、ニキビ周辺の脱毛は避けるべきなのです。失敗作は、カミソリ等のセルフケアでニキビを潰してしまい、膿が出てしまったのを放置してしまったといったのが原因になります。ニキビが出来てしまった場合は、その地点の肌の炎症を抑えるのが基本なのです。次に、ニキビがあるのに潰してしまった場合はそのまま肌の防湿剤を塗ってはいけません。どうしてそれがいけないのか?アクネ菌が入った膿の成分をそのまま洗い流さずに塗りこんでしまうといった事をしているのと同じになります。この場合は、肌のその部分を洗い流すというのが基本です。その後は、傷薬を塗ります。ニキビを潰した場合は、その場所が傷になっているので、薬で傷を塞ぐというのが基本の管理になります。綺麗にその部分の傷を修復するというのが、治すポイントになるのです。

ニキビ肌の脱毛のメリット

ニキビになりやすいなという人は、脱毛を行うことでニキビを減らすことが出来ます。一番おすすめしたいのはエステや医療機関での光脱毛です。光脱毛のメリットは、にきびがある地点に光を照射しないでおく処置が出来、ギリギリ周辺部分の組織の毛の脱毛が出来ます。毛根が肌から無くなることで組織が閉まるようになり、肌のキメが細かくなることで油脂がたまりにくくなります。そのため、肌にアクネ菌が住み着かなくなるために、ニキビが必然と減っていきます。また、光脱毛は、肌の奥組織に刺激を与えるので新陳代謝が活発になり若々しい肌の組織を手にすることができるのです。ニキビがある場合脱毛によってもらえるメリットも多いのです。

まとめ

ニキビの脱毛のポイントは、脱毛によって肌の質が細かくなることで、ニキビの炎症を抑えることが出来ます。ニキビがある地点を潰してしまうといった問題を避けるのが基本で、一番良い脱毛方法は光脱毛になります。