脱毛・抑毛クリームとは?

15

最近は多くの商品に、脱毛と抑毛の文字が一つのパッケージに書かれている商品があります。

脱毛クリームと抑毛ローションのそれぞれの効果の違う部分を利用した商品になります。両方が入っているメリットと使い方を中心に紹介します。

脱毛・抑毛クリームを使用したほうが良い人

一見すると、脱毛と抑毛の両方が入っている成分を使用した方が良いのは、毛の本数が多い、元々のムダ毛の質が太い人にはおすすめしたいのです。

これは、抑毛ローションの成分でアレルギーが無い、前提で説明していきます。脱毛と抑毛で注意したい点は、タンパク質を溶かして、脱毛をする場合は、毛を溶かすだけであって、毛を生やすペースを遅くする訳ではないのです。

目の前にある毛を溶かすのには効果があるものの、生やすペースは基本的に変わらないので、毛の太い人はすぐに生えてきてしまったり、本数が多い人は一回の脱毛クリームの成分のみでは、毛を取り切ることが出来ないのです。

しかし、抑毛ローションの場合は、毛根に作用して、毛に十分な栄養素を与えないため、毛自体を細くする事が出来ます。また、毛母細胞に作用して、毛が細くなることで抜けやすくすることが出来ます。

故に、脱毛で肌が綺麗になった場合後に、皮膚の毛根にクリームを染みこませることができるので、脱毛には大変効果があります。

毛が太く有効成分が浸透しにくい、また片方だけではあまり脱毛効果がない人は、こうした成分の商品を考えてみるのがポイントです。

脱毛・抑毛クリームのメリット

脱毛・抑毛クリームを使用するメリットは、手入れの回数が片方を使用した時に比べて頻度が減るのが大きなポイントです。

特に、大きな特徴は、脱毛ローションによって、毛をしっかり除去することができるので、カミソリに比べて剃り残しのリスクを減らすことが出来ます。

更に、同時に抑毛ローションの有効成分によって、毛根に作用することができるので、毛の生える本数が減っていくので、管理の回数が減ります。

脱毛ローションだけだと、毛の本数は減らすことが出来ないので、この部分が大きな違いです。また、抑毛ローションだけだと、手の表面の毛が残っている状態になるので、綺麗なするすべ肌に、すぐになれるわけでは無いのです。

速効性と管理を遅らせるといった意味でも、大きなポイントになっているのが、脱毛と抑毛クリームが両方はいった商品になっています。

両方入っていることで、それぞれの良い取りが出来、綺麗な肌を簡単に手にすることが出来ます。

脱毛・抑毛クリームの注意点

脱毛クリームと抑毛ローションを両方同時に使用しても良いのですが、注意点があります。それは、両方の成分を一度に使用できないため、管理がサボりがちになります。

そのため、脱毛の手入れ自体が面倒になってしまう方もいるので、2つの商品を買って同様の効果を期待する場合は、時間にゆとりをもって手入れをするのが肝心です。

また、脱毛と抑毛ローションの両方の入っている成分の含有量には個体差が激しいのが特徴になります。今ある毛を除去することに特化している商品もあれば、生えてくる毛を抑制する成分が多めの商品もあります。

その場合、一番重要なのは口コミです。口コミで自分の肌の質をしっかり確認してその商品が自分にあっているのか?

また、成分の含有量はどうなのか?商品の詳細な部分を見て購入するのが大切になってきます。

まとめ

脱毛・抑毛クリームは、脱毛クリームと抑毛ローションの両方の良い部分を活かした商品になります。

毛を化学的に除去するも、毛根に作用することが出来ない欠点をカバーした商品になります。

毛が太い人や、本数が多い人に使用してほしい商品ですが、口コミで成分や肌質を確認して自分にあった商品を選ぶのがポイントになります。