産毛脱毛の長所・短所・対策

多くの人が厄介だと感じている産毛の脱毛ですが、そのメリットも多く、最近では脱毛する方も増えて来ています。しかし、産毛の脱毛は、長所もあるものの欠点も同時に存在します。今回は、そんな産毛脱毛の長所と短所と対策に関して紹介します。

 産毛脱毛の長所

産毛脱毛の長所は、3つあります。1つ目は、肌のキメが細かくなる、2つ目は毛穴が開きにくい、3つ目は化粧ののりが良くなります。最初の肌のキメが細かくなるというのは、毛がないために、毛穴の広がりによって、肌が崩れるといった事が起こりますが、肌の毛穴自体を脱毛で潰してしまうので、肌のキメが細かくなります。また、毛を抜くことによって、毛のメラニン色素がないため、肌のトーンが一つ明るくなるといった面もあります。肌のキメも細かくなって、肌が綺麗に見えるようになります。2つ目は、これは汗をかきやすい人や、ニキビの人ならより良く実感できることですが、毛穴が開かないので、脂が外に出ることはないので、余分な脂が毛穴につまらなくなります。そのため、毛穴が開かなくなります。脂の蓄積が減ることによって肌の細菌の栄養分も減少するので、肌の炎症も防ぐことが出来ます。そのため、効果が高いのです。最後に、毛穴が開かないことで、化粧の下地やファンデーションを塗る時肌が滑らかなので、綺麗に塗ることが出来ます。肌の質が良くなるということは、その分、余分な成分が肌に浸透しないということにつながるので、無駄なく有効的に成分を使用することが出来ます。化粧品の節約にも繋がることが知られているので、綺麗になって、節約ができるのであれば、大きなメリットになります。

 産毛脱毛の短所

産毛脱毛には、短所もあります。短所は、産毛自体の毛のサイクルが他の毛と異なるので通常の脱毛よりも時間がかかってしまいます。そのため、ケアを通常の場合よりも丁寧に施術を行わないと、問題が起こるようになってしまうのです。産毛の場合は、伸びる周期にもズレがあるのですが、太さにもズレがあります。そのため、丁寧なケアをする事が大切なのです。通常の脱毛同様に、すんなりとできるものでは無くて、豆な管理が必要になります。セルフケアの場合も鏡で見て、念入りにチェックが必要なのです。また、エステや医療機関の場合は、毛の太さが産毛によって違うというのが欠点になります。そのため同じ光やレーザーの強さでも、毛母細胞に対して、作用する毛の数が、通常の部位に比べて差がでるといった事が多くあります。ですから、産毛の脱毛には回数がかかりがちなのと、場所や太さによっては、施術を変えるといった工夫が何よりも大切なことになります。