顔の産毛と脱毛処理の方法

何回も剃るのが嫌だという人が多いのですが、エステでの脱毛の効果が他の部位に比べて出にくいことから、セルフケアを行うことが多い産毛脱毛に関して疑問を持っている方も少なくないのが現状です。今回は、顔の産毛の脱毛処理の方法に関して紹介します。

顔の産毛の脱毛処理の方法~カミソリ~

顔の産毛を剃るのに一番使用している人が多いのがカミソリです。カミソリでまめに剃ってセルフケアをしている方も多く、その使用方法を間違っている人も少なくないのが現状です。カミソリのケアの長所は、一番目立つ部分でもピンポイント処理ができること、手軽、安価と言う長所があります。ですが、短所も多く、肌荒れといった脱毛における一番の欠点があります。みなさん、ここで知っておきたいのは、カミソリでの産毛脱毛ですが、何で剃っていますかと尋ねると、一番多いのが洗顔料の泡を使用した方法になります。

実は、これが一番やってはいけない方法になります。実は、洗顔料はアルカリ性の性質を持っています。肌の表面は基本汗で酸性ですが、石鹸や洗顔料によって、肌が中和されると、皮膚の角質がふやけます。その状態でカミソリをすべらせることで、肌に傷をつけてしまいやすくなります。ですから、ひげを剃る場合も専用のクリームが販売されているのはそのためです。決して、洗顔料でやらないようにして下さい。正しくは、ワセリン等のクリームを使用して、顔の滑りを良い状態にして、カミソリで毛を剃っていきます。肌の角質は引き締まったままで、カミソリで産毛を剃ることができるので、肌を傷つけることがないのです。

顔の産毛の処理方法~シェーバー~

顔の産毛を剃るのに、シェーバーを使用する方法があります。この方法の大きなメリットは、肌を傷つけないで、剃ることが出来て、カミソリよりも肌の質が格段に良くなります。また、確実に毛を剃ることができるので、無駄な毛を逃すこともないのが大きな特徴になります。最近は、シェーバーでも、眉毛やまぶたといった剃りにくい部位や皮膚が薄い部分でも剃りやすい商品が出てきており、その部分でもシェーバーは大変重宝します。しかし、知っておきたいのは、シェーバーはあくまで、顔の表面に出ている毛を剃るだけなので、毛を抜いているわけではないのです。毛を抜いて、脱毛をしているわけではないのですから、時間が経ったら伸びるのは当然です。また、シェーバーの最大の欠点はカミソリに比べて手入れが大変だといった事実です。手入れを放置していると、シェーバーなどでの肌の角質や髪の毛のタンパク質を元に雑菌が繁殖するようになってしまいます。使用した後にしっかりと手入れをすることが出来ない人には向いていない方法になります。

顔の産毛の処理方法~家庭用脱毛器~

一番おすすめしたいのが、家庭用脱毛器になります。家庭用脱毛器ですと、十分に毛に光を当てる事ができるので、毛母細胞を潰すことが出来ます。産毛は他の部位に比べて毛が細いので、光を与えたとしても十分に脱毛できないケースが数多く存在します。ですが、家庭用脱毛器の場合は、照射回数を自由に設定することができるので、こうした問題は無いようにすることが出来ます。短所は最初の初期投資が非常に高いといったことです。3~5万円といった高値の商品になりますので、購入の際には、どういった原理で脱毛を行っているのか?部位別の専用の照射がし易いノズル等がついているか調べておきましょう。

まとめ

家でのセルフでの脱毛処理の場合、顔の産毛の処理は、カミソリ、シェーバーといったものから、家庭用脱毛器を使用するのが基本になります。それぞれの短所、長所があるので、それに見合った方法を選ぶのがポイントなのです。