アンダーヘアの処理の方法~セルフケア編~

アンダーヘアの処理に関しては、エステに行って他の部位と同様に処理されるのが嫌だという人が数多くいます。そのため、自分でできるセルフケアで処理をしたいといった人がいますが、処理の方法やメリット・デメリットがあります。今回はそのセルフケアのメリットと方法に関して紹介します。

アンダーヘアのセルフ処理の種類とは、その中で適したものは?

アンダーヘアのセルフ処理には、どういった種類があるのか、解説を行っていきます。まずは、剃る(カミソリ・シェーバー)、毛を抜く(毛抜き・シェーバー)、ローションによる脱毛、脱毛ローションとワックスによって抜くといった方法があります。また、普通の脱毛と大きく異なるのは、ヒートカッターという選択肢もあります。これらの方法の中で、どの方法が適しているかと良いますと、セルフケアでアンダーヘアの部位を考慮すると、ワックスによる脱毛処理と、ヒートカッターが適しています。アンダーヘアの手入れのポイントはデリケートゾーンなので、肌に負担を与えないことを考えると、直接刃が肌の当たる処理方法は不向きです。また、処理した後の毛がなるべく生える速度が遅い、服に対して見た目が出ないといった美容の面を考えても、アンダーヘアの処理に適しているのはこの2つになります。アンダーヘアの処理は、毛が太く比較的伸びる速度が遅いといった事、目立たないようにしつつ、肌を傷つけないといった部分が肝心になります。

アンダーヘア脱毛のヒートカッターと他の方法に比べたメリット

ヒートカッターがアンダーヘアにメリットなのは、毛先が丸くなることです、ヒートカッターは比較的1000円台から~販売している商品も多く、見た目は一見電気シェーバーの様に見えます。見た目の安全保護装置が、電気シェーバー式になっていますが、原理はかなり違います。カミソリの場合は、刃をそのまま肌を滑らすことによって、毛を切ります。ヒートカッターの場合は、熱線に熱を発生することによって、毛のタンパク質の組織を焼ききるといった原理で、毛をカットしています。ここで、重要なのは、切り口です。切り口は、ヒートカッターの方が丸くなります。ヒートカッターを使用することで、毛先が熱で丸くなるようになります。このメリットは、下着を着用した際に、見える毛が減少するといったメリットがあるからです。下着にポツポツと見える、体毛に嫌悪感を覚えた人も多いのでは無いでしょうか?アンダーヘアのヒートカッターは毛先が丸いのでそうした心配が無いのが特徴になります。また処理の方法も肌に当てずに短く切るといった処理の方法に近く、大きなメリットがあります。

アンダーヘア脱毛のブラジリアンワックスと他の方法に比べたメリット

ブラジリアンワックスを使用して処理する方法もたいへん知られています。特にハリウッドセレブが処理に使っていることもあり、有名なのがこの方法です。ブラジリアンワックスで処理するメリットは、肌に密着して剥がすといった方法でも、自然派の成分を中心に使用しているので、肌荒れのデメリットが非常に少ないといった特徴があります。また、根こそぎ毛を抜くのが可能なので、処理して毛が生えてくるまで時間が長いといった点も大きな長所になります。また、塗ることが出来れば、処理しやすいというのもブラジリアンワックスでの処理の大きな長所にもなります。

まとめ

アンダーヘアのセルフ処理の方法は多くの方法があります。その中で、おすすめしたいのが、ヒートカッターを使用する方法と、ブラジリアンワックスでの処理になります。共に肌に優しく、美容の面でも大きなメリットがあります。