脱毛部位で知っておきたいアンダーヘアの処理

最近美意識が高い女声や西洋の人間が主流のアンダーヘアの処理を始める方が増えてきています。しかし、このアンダーヘアの周辺の脱毛に関して、基本用語がわかりにくいといった問題が起きています。今回はそんな貴方に知ってもらいたい、アンダーヘア処理の基本用語を説明します。

アンダーヘアと処理の名前と部位の違い

アンダーヘアとは、男女とも性器周辺に生えている毛の部位を指します。下腹部の陰部を隠す部分や、正面でなくて、その後ろの部分まで一体生えている毛の部分全体を指します。この部分の毛を処理で一番厄介なのは、処理の部位の形の意味です。Vライン、Oライン、Iライン、エステのメニューに書かれていますが、実際にこの名称の処理がどの部位に該当するか正確に答えられる方が少ないのが現状になります。Vラインは正面を見た下腹部全体の三角の状態になります。良くビキニラインと言われる部位のケアを指します。この部分の部位の処理は良く行っている方もいるのでは無いでしょうか?Iラインは股の真下の部分になります。この部分は意外にも処理をし忘れてしまうといった事が多いのと、自分でのセルフ処理が最も難しい部位とされています。最後に、Oラインです。Oラインは肛門周辺の部位になります。肛門周辺の後ろに近い部位にも体毛が出ているので、この部分は、肛門を中心にOの文字のように脱毛することから、Oライン脱毛と呼ばれています。

アンダーヘアの処理が広まった理由

アンダーヘア処理が広まった理由は、日本人が西洋の洋服を着るようになった部分が大きいとされています。下着の面積が狭いものになったからです。江戸時代の着物には、こうしたパンツといった下着は着用しなかったため、アンダーヘアが見えるといった事はありませんでした。しかし、下着が西洋の物と共通するものを着だして、露出が激しい物も着る現代では、西洋と同様の処理が常識とされるようになり、ここ数年で広まるようになりました。ビキニといった水着も、着るようになったのも大きなポイントになります。また医学的には、周辺部位の毛を剃ることによって、衛生上清潔に保つといったメリットも有りましたが、現在では、美容の要素が大きな要因となっているのです。アンダーヘアは、着る服装だけでなくて、こうした医学的な要因も含めて広まるようになったのです。

アンダーヘア脱毛のメリット

アンダーヘア脱毛の大きなメリットを紹介します。アンダーヘアは処理することによって、衛生面を保つことができます。実は、アンダーヘアがあることによって周辺部の毛の部分にある空間の箇所の湿度が高くなります。そのため雑菌の繁殖地帯になってしまうのです。雑菌が繁殖することによって肌のかぶれや、炎症と言った原因になります。清潔に保ちたいと思っていても毛があるのと無いのでは、かなり違うのです。そのため、アンダーヘアを脱毛することで、衛生面のメリットを向上させて感染症のリスクを減らすことができます。膀胱炎で悩んでいる方もおすすめです。次に、ファッションで言うと、色んな下着を着ても毛がはみ出ることが無いので、綺麗に着こなすことが出来ます。下着の線が響かないとされる、Tバックをはいたとしても毛があることで、痒みや肌触りが悪いといった問題も解消できるのです。美容だけでなくてアンダーヘアは医学的にも大きなメリットを持っています。

まとめ

アンダーヘアは、下腹部の性器周辺に生えている毛全体を指しており、Vラインはビキニライン、Iラインは股の真下の部分、Oラインは肛門周辺になります。また、処理するメリットは、処理を行うことで、美容の部分だけでなく、衛生面の改善のメリットも有ります。