抑毛ローションと成分

11

毛の脱毛に大きな要素を持っている、抑毛ローションがあります。しかし、この抑毛ローションと言われてもイマイチ他の商品に比べて、気づきにくいといった問題やその商品の利点や成分を知らないという人が多いのです。

今回は、そんな抑毛ローションの商品に関して紹介します。

抑毛ローションに脱毛効果がある理由

抑毛ローションを使用すると、脱毛効果が高いといった事が口コミで書かれていますが、どの部分にローションが効果を発揮するのか、知っておく必要があります。

その効果が高い理由に、毛根に作用して、毛を生えなくさせるといった効果があります。つまり、抑毛ローションの効果が高い理由はこうした毛根に作用して、そのある毛根に、生えないでねといった事を行うことで、毛根を退化させて毛を抜くといった効果があります。

そのため抑毛ローションを使用することで、毛自体を無い状態にすることが出来ます。抑毛ローションを使用して、毛が細くなったというのは毛根の生育を抑える効果、抜けたや生えてくる毛の本数が減ったのは、こうした毛母細胞退行させて、毛が抜け落ちてしまった状態になります。

こうした、成分を使用したローションは脱毛効果が高いといった口コミがあるのはそのためです。

抑毛ローションの長所

抑毛ローションを使用した長所は肌に対して有害性は無いといったのが特徴になります。

そのため、抑毛ローションには美容成分が含まれていることが多く脱毛と同時に肌のケアに繋がるといった効果も期待できます。

こうした効果があるので抑毛ローションには、最初に脱毛の手段として選択をして欲しいのがその理由です。使用されている成分も、パパイヤに含まれているパパイン酵素といった成分や、パイナップルに含まれている有効成分、大豆イソフラボンといった成分を使用しているのが特徴になります。

つまり、抑毛ローションに含まれている成分には、肌をアルカリ性にするような化学成分では無くて、天然成分由来の物が多く使用されています。ですが、天然成分いえども、最近ではアレルギー解いた問題もあります。

実際に食事をして、アレルギーの症状が出る場合は、手に取る前に医師や薬剤師への相談が必要な場合もあります。

また、軽度であれば、目立たない部分でのパッチテストも有効な手段です。大豆やパイナップルが苦手、食べれないと言ってもその目的の成分にアレルギー反応を起こしているとは限らないからです。

実際に血液検査をして成分名が書かれている以外は、テストをして安心して使用するのがおすすめしたいポイントになります。

抑毛ローションの効果的な使用法

抑毛ローションは、毛根に成分を染み込ませて初めて効果を発揮するのが特徴になります。

そのため、効果的に使用するには毛を剃る、ということが大切になります。毛を剃らないと、毛に成分が絡まってしまい、十分に毛根に成分が行き届かないといった問題が起こるようになります。

また、入浴後、脱毛のカミソリ処理をした後に使用するのが効果的です。この時、水気をしっかり取るのがポイントで、水分があると、成分が薄まってしまうので、塗ってもあまり効果が無いといった問題が起こるようになります。

毛根が開いている間に水分をさっととって、ローションを塗るというのが大きなポイントになるのです。

まとめ

抑毛ローションが脱毛に効果がある理由に、毛根の毛母細胞に作用して、毛を生えさせない、退行させることができるので、毛自体を細くすることが出来ます。

そのため、生える周期が遅くなったり、抜けるのが特徴になります。また、自然派の成分で毛の質を変えることが出来るため、肌荒れになりにくい長所もあります。

使うポイントは、カミソリ脱毛と同時に使用するのが最大限の効果を発揮することが出来、水気の無い状態で使用するのがポイントです。